テールシチュー

~こだわりの食材と最高のおもてなし~

3,200円(税込)

洋食の醍醐味はソースの味がお店の特徴となっている。デミグラスソース・カレーソースは、すぐに出来ず牛筋肉・鶏ガラ・香味野菜を何日も煮たり、濾したりしフォンドボーを作成し、ベースのエスパニョールソースが出来上がる。そこからシチューやデミグラスソースが完成する。このソースで食べる国産牛ヒレ肉のビフカツ・国産牛100%ハンバーグと牛一頭にひとつしかないテールを骨髄がゼラチン状になるまで煮込んでいるテールシチューは、忘れられない美味しさと言える。シチューはお持ち帰り用もあり、ご家庭で楽しむことも可能。

ハナワグリル

神戸元町に昭和6年(1931年)に誕生し神戸の洋食文化を守り続けるお店。著名な文化人小津安二郎監督・吉田健一氏や、創業時のお客様とそのご家族に受継ぎ語られ、新たなお客様にも愛され続けるお店は、変わらぬ伝統の味を楽しませてくれている。現状では名物「シチュー」、ブランド牛「のざき牛」や兵庫県認証食品「神戸ポーク」を取扱うメニューを展開。コース料理をブランド皿とシルバー製のフォーク・ナイフで食するなど外食感を一層満喫させてくれるおもてなしが光る。

兵庫県神戸市中央区北長狭通4-3-13兵庫県私学会館1F
【ランチ】11:00-15:00 【ディナー】15:00-20:30(L.O20:00)
定休日:12/30,31,1/1~3
元町駅東口を北へ徒歩3分
【ランチ】1,200~2,000円 【ディナー】3,000円前後
現金